CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google
iTunes
Domino's
ドミノ・ピザ
Naturum
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
NCAA: UCLA、メンフィスに敗れ敗退 !!!
* UCLA、メンフィスに敗れ敗退 !!!
  UCLA 63, Memphis 78

サンアントニオにあるアラモドームで行われたUCLA ブルーインズとメンフィス タイガースのNCAA トーナメント準決勝は、セカンドハーフを40-28で圧倒したメンフィスが78-63でUCLAを下した。
この試合は、攻守に渡ってメンフィスが圧倒した試合で、プレープラン、コーチングもメンフィスが仕切ったと言っても過言ではなく、UCLAはセンターでチームのキープレーヤーであるケヴィン ラヴが僅か12ポイントとローポストのプレーもメンフィスのディフェンスに歯が立たなかった感じである。
UCLAは過去3シーズン、ファイナル4に進出したが、今回もまたファイナルに進出する事が出来ずに終わったが、メンフィスは今シーズンの成績を38勝1敗とし、これまでディーク大学、イリノイ大学、UNLV(University of Nevada Las Vegas)が記録していたシーズン37勝を抜いて歴代最多勝利を記録した。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NCAA | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
NCAA: ファイナルフォー進出チーム決定 !!!
* ファイナルフォー進出チーム決定 !!!

本日、ファイナルフォー進出を決定する2試合が行われ、ミッドウェストリジョンはナンバー1シードのカンサスがナンバー10シードのデビッドソンを59-57で、サウスレジョンはナンバー1シードのメンフィスがナンバー2シードのルイビルを85-67で下し、ウェスタンリジョンを制覇したUCLA、イーストリジョンを制覇したノースキャロライナと共にファイナルフォー進出を果たした。
今年は、NCAAのバスケットボールトーナメントでは歴代始めて全てのリジョンからナンバー1シードがファイナルフォーに駒を進める結果となったが、実力的に考えれば当然の結果であったとも言える。
現在のアメリカのスポーツファンは、明日アメリカでは開幕するメジャーリーグよりもこのトーナメントに対する話しで持ちきりとも言える状況で、特に現地のチームが進出している街では大きな盛り上がりを見せているが、ここロスアンジェルスも例外ではなく、UCLAのTシャツ、トレーナー、キャップを着ているファンが多く目に付く。
各チームともナショナルチャンピオンになるまであと2試合となったが、どのチームがチャンピオンになるのか楽しみなところである。
尚、準決勝2試合は4/4に、そしてファイナルは4/6にサンアントニオで行われるが、準決勝のマッチアップはUCLA vs. メンフィス、カンサス vs. ノースキャロライナとなっている。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NCAA | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
NCAA: UCLA、ゼイビアを下し3年連続ファイナルフォー進出 !!!
* UCLA、ゼイビアを下し3年連続ファイナルフォー進出 !!!
  Xavier 57, UCLA 76

アリゾナ州フィニックスで行われたNCAAトーナメントのUCLA(シード#1)とゼイビア(シード #3)のウェストリジョンの試合は、フレッシュマン(1年生)のセンター、ケヴィン ラヴが19ポイント、10リバウンドを記録したUCLAが76-57でゼイビアを下した。
この試合は、試合開始から終了までUCLAがリードするという展開で、フィールドゴールの成功率はUCLAが53.8%、ゼイビアが3ポイントゴールの成功率はUCLAが46.7%、ゼイビアが21.1%という成績で、UCLAはラヴを含め4選手が二桁得点を挙げる活躍をみせたが、試合の明暗を分けたのはローポストのプレーで、ゼイビアは2人のセンターのポイントを合わせても5ポイントという成績であった。
この試合の結果、UCLAは3年連続でファイナルフォーに駒を進め、テキサス州サンアントニオで行われる準決勝でサウスリジョンのメンフィス(シード #1)とテキサス(シード #2)の勝者と戦う事となる。
尚、イーストリジョンはナンバー1シードのノースキャロライナがナンバー3シードのルイビルを下しファイナルフォーに進出した。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NCAA | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
NCAA: ティム ティーボーがハイズマントロフィー受賞 !!!
* ティム ティーボーがハイズマントロフィー受賞 !!!

フロリダ大学のクオーターバック、ティム ティーボーがカレッジのベストフットボールプレーヤーに贈られるハイズマントロフィーを受賞した。
2年生がハイズマントロフィーを獲得するのは、1935年のジェイ バーワンガー以来の快挙だが、ティーボーは1,957ポイントを獲得し、2位のアーカンサス大学のラニングバック、ダーレン マックフェーデンの1,703ポイントを上回っての受賞であった。
マックフェーデンはこれで2年連続2位という成績で終わったが、2年連続で2位というのも1949年依頼初めてという結果で、トロフィーは獲得出来なかったものの、カレッジのベストラニングバックである事を証明した。
ハイズマントロフィーの勝者がNFLで活躍するとは限らないが、スカウトの目がティーボー、マックフェーデンに集まっている事は事実である。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NCAA | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
NCAA: 59歳でカレッジフットボールに復帰 !!!
LA 8/23/07 03:47

* 59歳でカレッジフットボールに復帰 !!!

カレッジのシニア(4年生)を前に中退した59歳で孫がいる男性が37年ぶりにカレッジフットボールでプレーする事になった。
今回の話しは、自分の1番下の子供が大学に通い出し、父親としての責任を果たし、時間に余裕が出来たマイク フリントが、テキサス州アルパインにあるサルロス州立大学のフットボールチームのメンバーに選ばれたというものだが、早ければ9/1に行われるシーズンオープナーでプレーする可能性もあるとの事だ。
37年前にカレッジを卒業していれば、今回の復帰は出来なかった訳だが、それよりも59歳という年齢でチームのメンバーに選ばれたのが素晴らしく、スポーツファンだけではなく、アメリカの多くの同年代の男性に希望の光を与えたと言えるだろう。
フリントの人生は、フットボール一色と言っても過言ではなく、プレーヤーを引退してからもネブラスカ大学、オレゴン大学、テキサスA&Mなどで、コンディショニングコーチとして采配を振り、過去数年は自分が開発したトレーニング機械の販売を行っており、体調には全く問題無いとの事である。
自分で自分の年齢を知らないと仮定し、人から何歳かと聞かれれば20代後半か、30代前半と答えるだろうと話しているフリントだが、ポジションはまだ決まっていないと言われているものの、カレッジでプレーしていたラインバッカーとしてプレーする可能性が強いだろうと言われている。
| NCAA | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>