CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google
iTunes
Domino's
ドミノ・ピザ
Naturum
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Dejavu: 明日復帰
Dejavu: 明日復帰

この暖かいロスアンジェルスでしっかり身体をこわしてしまい、過去2日間何も更新する事が出来ませんでした。
よくページに来てくれている方にお詫びします。
体調もかなり復帰したので明日からまたページを復帰させます。
これからも遊びに来て下さい。
JUGEMテーマ:スポーツ


| Dejavu | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dejavu: 2日間の休刊 !!!
* 本日と明日はニュースのアップデートは無し !!!

今日と明日は独立記念日という事もあり、ブログのアップが出来ません。
2日後に再びアップします。

JUGEMテーマ:スポーツ


| Dejavu | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dejavu: 明けましておめでとうございます !!!
* 明けましておめでとうございます !!!

Bom Sportsにアクセスして頂いている皆さん、明けましておめでとうございます。
ロスアンジェルスも、日本より17時間遅れて新年を迎えました。
昨年は、皆さんとNFL Predictionも含めていろいろ楽しんできましたが、これからも宜しくお願いします。
私、Dejavuはロスアンジェルスに在住していて、アメリカンスポーツが大好きで、それを共に楽しめる人と興味を共有したいと思いブログを始めましたが、こんなに多くのアクセスをもらうとは思ってもいませんでした。
ロスアンジェルスのチケットエージェンシーとはコネクションがありますので、全米のどんなチケットでも購入する事も出来ますし、ビジネス、プレジャー、ロスアンジェルスの情報で必要な事があれば連絡下さい。

2008年が皆さんにいい年である事を心から祈っています。

ブログはアメリカ時間の1月4日から再開します。

Dejavu
JUGEMテーマ:スポーツ


| Dejavu | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dejavu: Week #17の予想
* Week #17の予想

Seattle(10-5) at Atlanta(3-12)
Atlanta

この試合は、現在6連敗中のファルコンズと、既にプレーオフでNFCのナンバー3スポットを獲得し、この試合の結果が全く関係ないシーホークスの戦いとなったが、実力的にはシーホークスが格段上であるものの、シーホークスにとっては勝利する必要がなく、キープレーヤーを休ませる可能性が高い事を考慮するとファルコンズの勝利になるのではないだろうか。
シーホークスは、2005年にもシーズンフィナーレ前にプレーオフ全てのホームフィールドアドバンテージを獲得し、最終戦でスターターを休ませ、スーパーボウルまで勝ち進んだ経験があるが、ヘッドコーチもマイク ホルムグレンがこの試合でキープレーヤーに負傷するリスクを抱えてプレーさせるとは思えない。ファルコンズにとっても、この試合の勝利がチームに与える影響は少ないばかりではなく、この試合に敗れ、セントルイス ラムズとニューヨーク ジェッツが敗戦すれば、来年のドラフトの2位指名を獲得出来るという状況で、敗れて欲しいと思っているファンも少なくないだろうが、マイケル ヴィックに実刑が言い渡され、ヘッドコーチのボビー ペトリノがシーズンの途中で辞任するという最悪のシーズンを勝利で飾りたいと思っている選手は多いだろう。
どちらが勝ってもおかしくない試合だが、ファルコンズをピックしてみたい。

New Orleans(7-8) at Chicago(6-9)
New Orleans

この試合は、昨シーズンはスーパーボウルまで勝ち進んだものの、今シーズンは6勝9敗という成績でプレーオフ進出を逃したベアーズと、この試合に勝利し、ワシントン レッドスキンズとミネソタ バイキングスが敗戦すればプレーオフ進出というセインツの戦いとなったが、チームもモメンタムを考えてもセインツが勝利する可能性が高いと思う。
ベアーズは、2004年のタンパベイ バッカニアーズ、昨シーズンのピッツバーグ スティーラーズに続いてスーパーボウル制覇の翌シーズンにプレーオフ進出を逃したシーグ史上3チーム目となったが、現在のベアーズは選手の才能よりもチームとしてもまとまりがなく、この試合でもそれは同じであるだろう。
セインツは、ラニングバックのデュース マッカリスターのシーズンが終了し、戦列復帰を目指しているレジー ブッシュの欠場も決定し、ラニングゲームが存在しないというような状況であるが、プレーオフ進出の可能性が少しでもあり限り、チームが一丸となってプレーするのではないだろうか。
チームのモメンタムを考慮してセインツをピックしたいと思う。

San Francisco(5-10) at Cleveland(9-6)
Cleveland

この試合は、この試合に勝利し、テネシー タイタンズがインディアナポリス コルツに敗戦、又はタイであればプレーオフ進出が決定するブラウンズと、シーズン開幕から4人目のスターティングクオーターバックとなるクリス ウェンケがプレーする49ersの戦いとなったが、プレーオフ進出を目指しているブラウンズがホームで49ersに敗れるとは考え難い。
プレーオフに進出する事になると5年ぶりというブラウンズだが、クオーターバックのデレック アンダーソン、ラニングバックのジャマール ルイスが順調なプレーをすれば実力的に上である事は確実で、天候的な事を考慮してもブラウンズの勝利は間違いないと思う。
49ersはクリス ウィンケが今シーズン、4人目のスターティングクオーターバックとなるが、シーズンフィナーレがシーズンデビューという状況で、チームを勝利に導く可能性は少なく、どの角度から見てもブラウンズが有利であると言うしかないだろう。
ブラウンズファンにとっては、この試合に勝利し、コルツがタイタンズを下す事を願っていると思うが、コルツも既にプレーオフのスポットが決定している事を考えると勝敗にこだわらない可能性もあり、勝利してコルツ戦の結果を待つという事になるだろう。

Detroit(7-8) at Green Bay(12-3)
Green Bay

この試合は、先週のシカゴ ベアーズ戦に敗れ、コンファレンス制覇のチャンスを逃したパッカーズと、先週、カンサスシティー チーフスに勝利し6連敗を脱出したものの、1991年以来ランボー フィールドでは勝利していないライオンズのディビジョンライバルの戦いとなったが、パッカーズがシーズンを2連敗で終了するより勝利してチームのモメンタムを上げたい事は確実という事を考えるとパッカーズが有利であるだろう。
パッカーズにとってこの試合は、プレーオフのポジションに全く影響がある試合ではなく、キープレーヤーを休ませるというチョイスもあると思うが、少なくても先週ベアーズに35-7という大差で敗戦したパッカーズにとっては、選手のモチベーションを上げる為にも勝利する事が大きなプラスである事は間違いない。
パッカーズが敗れるとすれば、試合が接戦となった段階でキープレーヤーを休ませ、その後、バックアップのプレーがファクターとなる可能性もあるが、これまでスターターを中心としてプレーしてきたパッカーズのバックアップも試合にハングリーである事は確実で、それを考えてもパッカーズが勝利すると思う。

Jacksonville(11-4) at Houston(7-8)
Houston

この試合は、この試合に敗れると、今シーズンはディビジョンゲーム全て敗戦する事になるテキサンズと、既にナンバー5スポットでプレーオフ進出が決定しているジャガーズのディビジョンライバルの戦いとなったが、この試合の勝利が何の意味も持たないジャガーズがスターターをフルに起用する事は考え難く、テキサンズが消化試合を制すると思う。
AFCのサウスディビジョンは、昨シーズンのスーパーボウルの覇者、インディアナポリス コルツとジャガーズがプレーオフ進出を決定し、テネシー タイタンズもシーズンフィナーレのインディアナポリス コルツ戦に勝利すればプレーオフ進出という厳しいディビジョンで、それがテキサンズの成績に大きな影響を与えている事は確実である。
ジャガーズは、クオーターバックのデビッド ギャラードとラニングバックのフレッド テイラーが試合の序盤戦から休む事は間違いなく、ディフェンスもプレーオフに向けてハードなヒットは避けてくるだろう。
あまり意味のある試合ではないが、テキサンズをピックしてみたいと思う。

Cincinnati(6-9) at Miami(1-14)
Cincinnati

この試合は、既に来年のドラフトの1位指名権を獲得したドルフィズと、パスオフェンスに頼り過ぎた結果、6勝9敗という成績のベンガルズの戦いで、シーズンフィナーレという事を考えるとどちらが勝利してもおかしくない試合であるが、ベンガルズが全敗の可能性もあったドルフィンズに2勝目を献上するとは考え難い。
どちらのチームにとっても全く意味の無い試合で、両チームも面子の為に戦う試合ではあるが、今シーズン、選手生活でも最高となる19インターセプションを記録しているベンガルズのクオーターバック、カーソン パーマーにとっては来シーズンにつなげる試合としても勝利したいと思っている事は確実だろう。
ドルフィンズは、フットボールオペレーションのバイスプレジデントにビル パーセルズが就任し、オフシーズンに大きな動きを見せると思われるが、この試合に関してはベンガルズが勝利すると思う。

Buffalo(7-8) at Philadelphia(7-8)
Philadelphia

この試合は、7勝8敗のチーム同士の戦いで、勝利すればシーズンの勝率5割をキープ出来るビルズとイーグルスの戦いとなったが、シーズンの後半にきてクオーターバック、ドノヴァン マクナブのプレーが安定し、過去3試合では5タッチダウン、0インターセプションという成績であるイーグルスが勝利すると思う。
シーズンの中盤では、マクナブをトレードする事は確実だろうと言われていたイーグルスだが、現在のマクナブはチームがトレードを悩まされるプレーをみせており、この試合でもそれは代わらないのではないだろうか。
ビルズもクリーブランド ブラウンズ、ニューヨーク ジャイアンツに連敗しなければ、プレーオフ進出の可能性は大きかったが、結果的にはまだまだチームのアップグレードが必要である事が明らかになり、ファンにとっては期待以上ではあるが、残念なシーズンになってしまったようである。
ホームゲームという事も含めてイーグルスをピックしたい。

Carolina(6-9) at Tampa Bay(9-6)
Carolina

この試合は、プレーオフ進出が決定し、先週のサンフランシスコ49ers戦でもスターターを後半は休ませたバッカニアーズと、先週のダラス カウボーイズ戦に敗れ、プレーオフ進出の可能性が無くなったパンサーズの戦いとなったが、バッカニアーズのヘッドコーチ、ジョン グルーデンが勝敗よりも選手の怪我をファーストプライオリティーに考えている事は間違いなく、ホームゲームではあるもののパンサーズが勝利すると思う。
ディビジョン制覇を果たし、ナンバー4スポットが確定しているバッカニアーズにとって、この試合の勝敗は全く意味を持たず、これまでのグルーデンの采配を考えてみても、選手のプロテクションが最優先される事は間違いないだろう。
パンサーズも6勝9敗という成績で、この試合の勝敗がチームに影響を与える事はないが、スターティングクオーターバック、ジェイク デルホームが故障した後リプレイスし、チームも納得するプレーをしているマット モアにとっては、自分をアピールする大事な試合で、それを考えてもパンサーズが勝利すると思う。

Pittsburgh(10-5) at Baltimore(4-11)
Pittsburgh

この試合は、昨シーズンは13勝3敗でディビジョン制覇を果たしながら、今シーズンは、現在、9連敗中で4勝11敗というレイベンズと、既にプレーオフ進出を決定し、この試合に勝利し、サンディエゴ チャージャーズがオークランド レイダーズに敗れれば、プレーオフのナンバー3スポットを獲得出来るスティーラーズの戦いとなったが、試合の勝利に意味があるスティーラーズが勝利すると思う。
スティーラーズは、ベン ロスリスバーガーに代わってチャーリー バッチがスターティングクオーターバックとしてプレーする可能性が高いが、同時進行で行われるチャージャーズ戦のスコアがこの試合に影響を与える事は大きく、それによってはスティーラーズのヘッドコーチ、マイク トムリンがプレープランを変えてくる可能性もあるだろう。
ホームゲームのシーズンフィナーレという事を考えるとレイベンズが勝利する可能性も充分にあるが、この試合はスティーラーズをピックしてみたい。

Dallas(13-2) at Washington(8-7)
Washington

この試合は、勝利すればプレーオフ進出が決定するレッドスキンズと、既にNFCのコンファレンス制覇を果たし、この試合の勝敗が全く意味を持たないカウボーイズの戦いとなったが、両チームの状況を考えると、ホームゲームという事だけではなく、レッドスキンズが勝利すると思う。
この試合は、カウボーイズのワイドレシーバー、テレル オーウェンスが足首の負傷で欠場する事が決定しているが、カウボーイズのヘッドコーチ、ウェイド フィリップスがどこまでキープレーヤーを起用するかは大きな疑問で、クオーターバックのトニー ロモも調整程度にプレーするのではないかと言われている。
逆にレッドスキンズは、この試合に勝利すればプレーオフ進出が決定と言う大きなチャレンジがあり、決して負けられない試合という事を考えるとレッドスキンズの勝利は間違いないような気がする。
この試合のマッチアップを最高に悔しく思っているのは、レッドスキンズが敗れて、勝利すればプレーオフ進出となるミネソタ バイキングスかもしれない。

St. Louis(3-12) at Arizona(7-8)
Arizona

この試合は、勝利して勝率5割でシーズンを終了したいカーディナルズと、シーズンオープナーでオフェンシィブタックルのオーランド ペースを失ってからキープレーヤーの故障が絶えず、3勝12敗というラムズのディビジョンライバルの戦いとなったが、この試合に敗戦し、ニューヨーク ジェッツとアトランタ ファルコンズが勝利すれば来年のドラフトの2位指名を獲得するラムズが勝利するとは思えない。
今シーズンのラムズは、キープレーヤーの故障で泣かされたシーズンであった事は間違いないが、それと共に選手の層の薄さも目立ったシーズンで、現状でアウェイのカーディナルズ戦に勝利出来るとは考え難い。
カーディナルズも決してファンが納得するシーズンではないが、ディビジョンライバルのラムズにシーズンフィナーレをホームで負ける事はないだろう。
どちらのチームのファンにとってもテンションが上がる試合にはならないと思うが、予想という意味ではカーディナルズをピックしてみたい。

Minnesota(8-7) at Denver(6-9)
Minnesota

この試合は、先週のサンディエゴ チャージャーズ戦でタッチダウンをスコア出来なかったブロンコスと、この試合に勝利し、ワシントン レッドスキンズがダラス カウボーイズに敗れればプレーオフ進出が決定するバイキングスの戦いとなったが、バイキングスがラニングゲームをエスタブリッシュ出来ればバイキングスが有利だと思う。
バイキングスは先週のレッドスキンズとのホームゲームに勝利すればプレーオフ進出が決定したが、敗戦した為自力でのプレーオフ進出が出来なくなったという状況で、コーチも選手もこの試合には決して負けられないという気持ちがあるだろう。
バイキングスの問題は、この試合がキックオフする頃にはレッドスキンズ戦の結果が分かる事で、レッドスキンズが勝利した場合は勝利が全く意味の無いものになる事であるが、選手のモチベーションはブロンコスよりも高い事は間違いない。
プレーオフ進出は分からないが、バイキングスをピックしたいと思う。

San Diego(10-5) at Oakland(4-11)
San Diego

この試合は、今年のドラフトの1巡目、1位で指名したクオーターバック、ジャマーカス ラッセルが始めてスターターとしてプレーするレイダーズと、この試合に勝利すればプレーオフでAFCのナンバー3のポジションを獲得するチャージャーズの戦いとなったが、2年連続でリーディングラッシャーを狙うラダイニアン トムリンソンが期待通りのプレーをすればチャージャーズが有利であると思う。
レイダーズはラッセルが遂にスターターとしてプレーするが、レイダーズにとっては、この試合の勝利よりもラッセルのプレーが気になる所で、ファンもその気持ちに変わりはないだろう。
チャージャーズはトムリンソン、クオーターバックのフィリップ リバース、タイトエンドのアントニオ ゲイツのプレーがキーファクターになってくると思うが、チームが勝利にハングリーである事は確実で、トムリンソンの活躍でチャージャーズが勝利すると思う。

Kansas City(4-11) at NY Jets(3-12)
NY Jets

この試合は、両チームを合わせても7勝という成績で、ファンにとってもあまり見どころのある試合ではないが、ラニングバックのラリー ジョンソンのシーズンが終了したチーフスのオフェンスには厳しい試合になると思う。
チーフスのヘッドコーチ、ハーマン エドワーズにとっては、かつてヘッドコーチとして采配を振ったジェッツと初の対戦となるが、クオーターバックがブロディー クロイルという事とサポーティングキャストが乏しいというという事を考えると、相手が3勝のジェッツとは言え、アウェイで勝利するのは難しいだろう。
ジェッツも今シーズンは全くいい所がなく、その大きなファクターはクオーターバック、チャド ペニングトンの不調である事は間違いなく、シーズンの途中でケレン クレメンツにスウィッチするという状況であるが、ファンの為にもシーズンフィナーレとなるホームゲームで負けるわけにはいかないという事を考慮してジェッツをピックしたいと思う。

Tennessee(9-6) at Indianapolis(13-2)
Tennessee

この試合は、プレーオフのポジションに全く影響が無く、勝敗が全く意味を持たないコルツと、この試合に勝利すれば2003年以来初のプレーオフ進出が決定するタイタンズの戦いとなったが、コルツがキープレーヤーを休ませる可能性が高い事も考えるとタイタンズが勝利すると思う。
コルツはAFCのナンバー2のスポットを既に獲得し、チームがこの試合の勝利よりもプレーオフに向けての調整に入っている事は間違いなく、逆にタイタンズはシーズンの全てがかかっている試合で、プレーオフ進出よりもこの試合の勝利に焦点を合わせている事は確実という事を考慮してもタイタンズがイニシアティブを握る試合になるだろう。
タイタンズの心配はクオーターバックのヴィンス ヤングのプレーが安定せず、ターンオーバーを繰り返す可能性がある事だが、ラニングバックのレンデール ホワイトがラニングゲームをエスタブリッシュすれば、この試合は勝利出来ると思う。
JUGEMテーマ:スポーツ


| Dejavu | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dejavu: Merry Christmas !!!
* Merry Christmas

今日と明日はブログを休ませて頂きます。
皆さんも楽しいクリスマスを過ごして下さい。
申し訳ありませんが、今日と明日はブログを休ませて頂きます。

Dejavu
JUGEMテーマ:スポーツ


| Dejavu | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/5PAGES | >>