CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google
iTunes
Domino's
ドミノ・ピザ
Naturum
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Week #7のこれまでの結果2
* コルツ惨敗、ライオンズも6連敗 !!!

Week #7も明日のマンデーナイトゲームを残して13試合が終了した。
デトロイト ライオンズは、ヒューストン ロケッツに28-21で敗れ、開幕から6連敗、今週の注目の1戦とも言われていたインディアナポリス コルツとグリーンベイ パッカーズの試合は、コルツのクオーターバック、ペイトン マニングが0タッチダウン、2インターセプションという成績で、パッカーズが34-14でコルツを下し、コルツはシーズンの成績を3勝3敗とした。
ニューヨーク ジェッツとオークランド レイダーズの試合は、ジェッツがクオーターバックのブレット ファーブのタイムマネージメントで、レギュレーションの残り8秒という所で、きっカーのジェイ フィーリーが37ヤードのフィールドゴールを決めてオーバータイムに突入したが、最終的にはレイダーズのキッカー、セバスチャン ジャニコウスキーがレイダーズのフランチャイズ記録となる57ヤードのフィールドゴールを決め、16-13でジェッツの追撃を許さなかった。
ワシントンレッドスキンズとクリーブランド ブラウンズの試合は、レッドスキンズのら人グバックで、これまでリーグのリーディングラッシャーであるクリントン ポーティスが175ラッシングヤードを記録したのに加え、ディフェンスが今シーズンでは最高となるプレーをみせ14-11の僅差で勝利し、シーズンの成績を5勝2敗とし、ディビジョントップのニューヨーク ジャイアンツを0.5ゲーム差で追い、ダラス カウボーイズに1.0ゲームの差をつけた。
シアトル シーホークスとタンパベイ バッカニアーズの試合は、両チームのクオーターバックの差がはっきり出た試合で、バッカニアーズのジェフ ガルシアが310パッシングヤードを記録したのに比べ、シーホークスのセネカ ウォレスは僅か73ヤードという成績で、トータルヤードもバッカニアーズが402ヤード、シーホークスが176ヤードという結果であった。
今週もアップセットが多いと思われるが、これからのシーズンも全く予想がつかないといった感じである。
Week #7のこれまでの結果は下記の通り。

Detroit (0-6) 21, Houston (2-4) 28
Indianapolis (3-3) 14, Green Bay (4-3) 34
NY Jets (3-3) 13, Oakland (2-4) 16 OT
Cleveland (2-4) 11, Washington (5-2) 14
Seattle (1-5) 10, Tampa Bay (5-2) 20

San Diego (3-4) 14, Buffalo (5-1) 23
New Orleans (3-4) 7, Carolina (5-2) 30
Minnesota (3-4) 41, Chicago (4-3) 48
Pittsburgh (5-1) 38, Cincinnati (0-7) 10
Tennessee (6-0) 34, Kansas City (1-5) 10
Baltimore (3-3) 27, Miami (2-4) 13
San Francisco (2-5) 17, NY Giants (5-1) 29
Dallas (4-3) 14, St. Louis (2-4) 34
JUGEMテーマ:スポーツ


| NFL | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL: Week #7のこれまでの結果
* タイタンズ、6連勝、ベンガルズ、7連敗、カウボーイズ惨敗 !!!

Week #4は14試合のうち8試合が終了し、テネシー タイタンズがリーグで唯一無敗の6連勝、シンシナティー ベンガルズはシーズン開幕からの7連敗を喫した。
タイタンズは、ラニングバックのレンデール ホワイトの149ラッシングヤード、3タッチダウンを含め、トータルで332ラッシングヤードを記録し、ラニングゲームでカンサスシティー チーフスを圧倒した。
ベンガルズは、ピッツバーグ スティーラーズのディフェンスに全く歯が立たず、ディフェンスもスティーラーズのクオーターバック、ベン ロスリスバーガーに216パッシングヤード、2タッチダウン、0インターセプションを記録され、まるで大人と子供の喧嘩のような試合であった。
バッファロー ビルズは、サンディエゴ チャージャーズを23-14で下したが、この試合もビルズのクオーターバック、トレント エドワーズが30本のパスで25本をコンプリートし、261パッシングヤード、1タッチダウン、0インターセプションというミス無いプレーに加え、ディフェンスがチャージャーズのラニングバック、ラダイニアン トムリンソンを僅か41ヤードのラッシングに抑え、スコアでみるより全く一方的な試合であった。
昨シーズンのスーパーボウル覇者であるニューヨーク ジャイアンツは、先週、マンデーナイトゲームでクリーブランド ブラウンズに惨敗したのがウェイクアップコールになったのか、スコアは29-17であったが、要所要所を抑えてサンフランシスコ49ersに快勝し、ボルティモア レイベンズはウィリス マッガヒーが105ヤードのラッシングを記録し、アウェイでマイアミ ドルフィンズに勝利した。
キャロライナ パンサーズは、ディフェンスがニューオリンズ セインツに僅か1タッチダウンしか許さないというプレーで、これは全てパンサーズのディフェンシィブラインのプレーが大きなファクターになったと言えるだろう。
シカゴ ベアーズとミネソタ バイキングスの試合は、両チームをあわせて89ポイントというハイスコアゲームとなったが、ベアーズのクオーターバック、カイル オートンが283パッシングヤード、2タッチダウン、0インターセプションと今シーズンでも最高のプレーをみせたのがベアーズの勝因で、ベアーズはラニングバックのエイドリアン ピーターソンが121ラッシングヤード、2タッチダウンを記録したが、クオーターバックのガス フレロッテが4インターセプションを記録し、このターンオーバーが勝敗を決定した。
ダラス カウボーイズは、クオーターバックのトニー ロモが欠場し、バックアップのブラッド ジョンソンがプレーしたが、3インターセプションを記録したのに比べ、セントルイス ラムズは、タイムマネージメントを考えたプレーで、ラニングバックのスティーブン ジャクソンが160ラッシングヤード、3タッチダウンを記録し、34-14の大差でカウボーイズに圧勝した。
これまでのシーズンをみると、タイタンズの6勝0敗、ビルズの5勝1敗は予想を越える成績で、カウボーイズの4勝3敗はファンにとっては期待外れという感じであるが、シーズンはまだ半分も終了してない事を考えると、これからも何があるか全く分からないといった感じである。
Week #7のこれまでの結果は下記の通り。

San Diego (3-4) 14, Buffalo (5-1) 23
New Orleans (3-4) 7, Carolina (5-2) 30
Minnesota (3-4) 41, Chicago (4-3) 48
Pittsburgh (5-1) 38, Cincinnati (0-7) 10
Tennessee (6-0) 34, Kansas City (1-5) 10
Baltimore (3-3) 27, Miami (2-4) 13
San Francisco (2-5) 17, NY Giants (5-1) 29
Dallas (4-3) 14, St. Louis (2-4) 34
JUGEMテーマ:スポーツ


| NFL | 05:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL: ケレン ウィンスローが練習に復帰 !!!
* ケレン ウィンスローが練習に復帰 !!!

クリーブランド ブラウンズのタイトエンドで、病名は分からないものの入院していたケレン ウィンスローがチームの練習に復帰し、Week #7のワシントン レッドスキンズ戦に出場する可能性が出てきた。
ヘッドコーチ、ロメオ クレンネルの話しでは、ウィンスローは肉体的にも精神的にもプレー出来る状態で、本人もプレーしたいと話しているとの事だが、プレーさせるかは試合の開始前に決断するとの事だ。
レシーバーとしてだけではなく、ブロッカーとしてもチームには欠かせない存在であるウィンスローが復帰する事になるとチームのオフェンスがかなりグレードアップされる事は確実で、現在2勝3敗で勝率を5割にしたいブラウンズファンにとっては非常に気になる所だろう。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NFL | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL: ウィリー パーカー、Week #7も欠場濃厚 !!!
* ウィリー パーカー、Week #7も欠場濃厚 !!!

ピッツバーグ スティーラーズのラニングバックで、過去2試合、左膝の負傷で欠場しているウィリー パーカーは、今週の練習で膝を再び痛め、Week #7のシンシナティー ベンガルズ戦も欠場する可能性が高い事が分かった。
クオーターバックのベン ロスリスバーガーと共にチームのオフェンスの要とも言えるパーカーだが、現在のスティーラーズは4勝1敗という成績で、ディビジョンが弱い事もあり、ここでパーカーに無理をさせないのは得策と言えるだろう。
また対戦相手が0勝6敗のベンガルズで、ベンガルズのクオーターバック、カーソン パーマーが欠場する事が確実という事を考えると、ヘッドコーチのマイク トムリンの決断は正しいと思う。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NFL | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL: ジョイ ポーターに20,000ドルの罰金 !!!
* ジョイ ポーターに20,000ドルの罰金 !!!

リーグコミッショナーのロジャー グッデールは、マイアミ ドルフィンズのラインバッカーで、Week #6のヒューストン テキサンズ戦で、審判に抗議したジョイ ポーターに20,000ドル(約200万円)の罰金を言い渡した。
ポーターが抗議したのは、テキサンズの最後のドライブで、ポーターがテキサンズのクオーターバック、マット シャウブが持っていたボールをファンブルさせた際、審判のエド ホチュリがファンブルではなく、インコンプリートパスと判定した事に対してであるが、ビデオで見てもファンブルのように思える。
ホチュリは、Week #2のSan Diego at Denver戦でもミスジャッジをして本人も認めているが、今シーズンは、審判の曖昧な判定が目立つ感じがする。
JUGEMテーマ:スポーツ


| NFL | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/612PAGES | >>